その横文字必要なの?

そのビジネス用語、日本語で言ったらダメなの?

お仕事でパートナーやクライアント様と打ち合わせしているときに、色々なビジネス用語が出てきます。
その中でも違和感を感じるのが、日本語で伝えられるのに敢えて横文字で話し合う場合です。

例えば、「アジェンダ」「コンバージョン」「エビデンス」などなど。

私は未だに、大体の横文字は聞いた時に「(えっと…こういう意味だったよな?)」と脳内で一度変換作業が入ってしまいます。
しかも、同じ単語でも業界が違ったり人が違ったりすると解釈が微妙に異なることもあり大変。

こういう、”伝わり方が異なる”だったり”誤った解釈を与えてしまうかもしれない”といったことは、デザインの上ではしてはならないと思っています。
デザインとは“いかに正確に伝えられるか”が重要で、それは作り手(クライアント)の伝えたい思いを正確にエンドユーザーに届ける必要があるからです。

既に交流が深かったり、社内での会話など、意思疎通がしっかりしている場合には非常に役にたつかもしれませんが、まだ出会って日が浅かったり、初めての打ち合わせの場合は逆に効率が悪かったりするかもしれません。

専門用語は大変

私は自称「プログラマー」なので、日々様々な専門用語を使ってます。

上述していた「ビジネス用語」と違って、技術関連の”専門用語”には代替となる日本語がほとんどありません。なるべくわかりやすく説明しようとしても、その中で更に専門用語が出てくる始末。

なるべく図解などしてわかりやすく伝えようと心がけてますが、いつもどうしようかとあたふたしてます。

気にせず聞いて下さい

当社では、お仕事の際になるべくクライアント様に正確に情報を伝えられるように心がけています。
もし説明した際にわかりにくい単語や説明があれば、お気になさらずすぐに聞いて下さいね。

こちらの記事もおすすめ

ひきこもりCEO
この記事を書いた人
ひきこもりCEO

基本的に社内に引きこもっているが、スタジオパプリカのCEO。ゲームやアニメ、テニスが好き。同じことを二度するのが無駄だから嫌い。無駄無駄。