キラキラエフェクト作成

デザインをしている上で文字やオブジェクトが光り輝いているような感じにしたい時ありますよね。

素材を探すのも良いですが簡単なエフェクトなので自分で作って見たいと思います、

 

しかし、普通に光のオブジェクトを置くだけでは微妙なイメージになってしまいます。リアリティも感じません。

今回は社長からなんか良い感じのキラキラ素材を作ってと言われたので、Photoshopで作ってみました。

やり方は、光の形のオブジェクトにレイヤースタイルのグラデーションを設定するだけです。

(レイヤースタイルとは、レイヤーに直接エフェクトを適用するPhotoshopの機能です。レイヤー上のオブジェクトを増やしたり移動しても効果がちゃんと適用される優れものです。)

上記の図のように光のスペクトルを参考にしてこんな感じで設定してます。
グラデーションの終端を透明にしてレイヤーの塗りを0%にすると更にそれっぽくなります。
レイヤースタイルをコピーしてペーストすれば手軽に色を乗せれるので便利です。
オブジェクトの形によっては上手くいかないこともあるのでその際は調整が必要となるので注意が必要です。

どうでしょう、このぐらいのエフェクトなら簡単に作れちゃうものなんです。
簡単な素材なら素材をフリーサイトで探すより、自分で作っちゃった方が案外早く終わっちゃうかもしれませんね。

こちらの記事もおすすめ

たまに髭剃るデザイナー
この記事を書いた人

たまに髭剃るデザイナー

髭剃るのめんどくさいです。脱毛するか考え中。 最近はNetflixにはまっています。