LINE@とホームページで集客を狙う!

先日、当社でも「LINE@」の運用サポートを始めました。
そのため、今日はLINE@の活用について少し書きたいと思います

LINE@があつい

今はホームページはもちろんのこと各種SNSなど、個人で色々な情報を集められる時代です。
その中、日本では特に「LINE」の使用率の高さがすごい!
若い子からお年寄りまで幅広い層の人が活用しているLINE。それをビジネスで使わない手はないと「LINE@」が出てきました。ほんと使わない手はないです。

LINE@って?

LINE@というのは簡単に言うと、お店などのLINEアカウントのことです。LINE自体は個人のアカウントなので、それのお店版ということですね。

通常のLINEアカウントと違い、なぜお店版のLINE@が良いかというと、それはクーポンの発行などが出来るのが最大の特徴です!

友達登録してくれた人に「クーポン発行」、定期的にイベントを企画し「クーポン発行」など、とにかくお客様を呼び込むためのツールとしての効果は絶大!
例えば、「雨の日はお客の入りが少ないんだよなぁ…」などのお困りのことがあれば、その時にゲリラ的にクーポンを発行して集客をしたり、または定期的に毎週水曜は「レディースデー」などのクーポンを発行したりで、その使い方はお店次第で無限大です。

もちろん、クーポン以外にも、お店の営業時間の変更などを通知したりすることもできますし、場合によってはLINE@で予約のやりとりなどをすることも可能です

ダイレクトメールやメルマガなどに比べ、誰にとっても手軽に登録ができ、見ることが出来るLINE@は、その手軽さ故に影響力が強く、うまく使うことで皆さんの強い営業ツールになると思います。

LINE@さえあればホームページはいらない?

LINE@は簡単で誰にも受け入れられて、それで全てまかなえるならホームページはいらないよね? なんて思う方もいるかもしれません。
いえいえ、そういう訳でもありません。

LINE@とホームページ、両方をうまく使うことでより集客力をあげることができます

LINE@の苦手なこと

LINE@は決して万能ではありません。当然苦手なこともあります。

それは、「長文」です。

考えても見てください。自分に送られてきたメッセージがものすごい熱量で書かれた長文だった時のことを。

まぁ、そっ閉じですよね。

そんな時に役に立つのがホームページです。ホームページは比較的長文に強いです。
そもそもデザインによって文章を読みやすくすることも可能なので、いくらでも融通が効きます。
また、LINE@が画像を送るのとそれだけで1通メッセージを送らないといけないのに対して、ホームページでは画像を1ページに何枚入れてもそんなにおかしくなることはありません。

また、「雨の日は客入りが悪いからクーポンで集客狙うか…」などと考えている場合も、そういった継続的に行った方が良さそうなものはその都度クーポンを発行すると手間になるため、ホームページなどを使い恒常的に周知させた方が効果的な場合もあります。

LINE@とホームページのいいとこ取り

得意なこと、苦手なことがわかったなら、その得意なところ同士を活用してしまえばいいです。

それは、「通知」や「クーポン」はLINE@で発行し、「詳細」や「恒常的なイベント」はホームページで表示することです。

LINE@には「リッチメッセージ」や「リッチメニュー」なるものがあります。これは画像にリンクをつけてお友達に送ることが出来る機能で、これを活用して”新商品・サービスの紹介”の極めて簡単な告知を行い(画像はお客様の目を惹きつけるもの)、その画像を押すとホームページで商品の詳細ページまたは専用のランディングページに飛ばせるという方法です。

こうすることで、たくさんのお客様に新商品やサービスをスマートに紹介することができます。

「今はLINE@で車が売れる時代」。

私の友達が以前飲みの席でそういってました。

お客様からLINEで気になる車の情報を聞かれたら、即座にその車の写真や情報を返信。するとそのまま販売まで繋がります。
リアルタイムでやれるからタイムラグがなくスピーディー。

使い方次第で、”現状”を変えるきっかけになると思いますので、LINE@が気になっているかたは注目してみても良いかもしれません


> LINE@公式ページ
> スタジオパプリカLINE@運用サポートページ

こちらの記事もおすすめ

ひきこもりCEO
この記事を書いた人
ひきこもりCEO

基本的に社内に引きこもっているが、スタジオパプリカのCEO。ゲームやアニメ、テニスが好き。同じことを二度するのが無駄だから嫌い。無駄無駄。