ホームページとWebサイトの違い

ホームページ、Webサイト、Webページの違い。

お仕事でWebをしていなかったり、あまりこの分野に詳しくない方は表題のような「ホームページ」「Webサイト」「Webページ」という言葉は何が違うのか、どういう時に使い分けるのかというのがわからないかもしれません。

  • 「Webページ」は、ブラウザで見るページの1ページ
  • 「Webサイト」はWebページがいくつも集まってできた一つのまとまり
  • 「ホームページ」はWebサイトのトップページのこと

まず、この3つの単語の中の最小のものが「Webページ」です。
みなさんが現在見ているこのページも「Webページ」です。

そして、その「Webページ」の集まりが「Webサイト」です。
みなさんが現在見ているこのページは株式会社スタジオパプリカの「Webサイト」の中の「Webページ」です。
そのため、Webサイト内にはいくつものWebページが存在します。
企業のページであれば、トップページや企業案内、お問い合わせなどのページがそれに当たります。

最後にみなさんがよく口にする「ホームページ」です。
「ホームページが作りたい!」などとおっしゃられます。
これは「Webサイト」のトップページ(HOMEページ)のことを「ホームページ」と呼びます。
ホームページは「Webサイト」の中の「Webページ」の1ページであり、その玄関のような役割を持つ最初に表示されるべきページとして作られます。
そのため、主にWebサイトの目次としての役割を持っており、各Webページにリンクで飛ぶための機能を多く持っていることが多いです。

Webサイトのことをホームページって呼ぶと変?

ホームページとはあくまでもWebサイトのトップページのことと明確ですので、Webサイト全体を指してホームページというのはおかしいです。

ただ、その表現をしたからといって相手に誤って伝わるということはありません。
「ホームページ作りたいです」
とご依頼を受けて
「(そうか、トップページを作りたいのか)」
と思うことはありません。
これは弊社だけでなく、どの会社さんでもそうだと思うので呼び方で不安がる必要はありません。

そもそも一般的にはWebサイトというよりもホームページという方が認知されやすいため、弊社でも「ホームページ制作いたします」といった触れ込みをさせていただいています。
ただ、スタジオパプリカの会社としてのスタンスは「ホームページ制作」ではなく「Web制作」となります。(ややこしいですね)

相談無料

CONTACT

ホームページリニューアルや制作プラン、
チラシ・名刺作成のご相談などお気軽にお問い合わせください。